英語絵本リードアラウドRead Aloud
〜絵本は読み聞かせじゃなくリードアラウドで!〜
  



よく「絵本の読み聞かせですか」と聞かれますが、リードアラウドと読み聞かせは全く違うものです。
英語の絵本を日本語の絵本と同じように読み聞かせしても、英語が分からない子どもたちはチンプンカンプンです。
リードアラウドでは、子どもたちも絵本の音読に参加します。
大切なのは、指導者(朗読者)と子どもが一緒になって絵本を楽しむこと。ほかの人を楽しくさせるには、まず自分自身が楽しまないと。
みんなで登場人物になりきり感じを出して、絵本を目一杯楽しみましょう。
「英語の本が読めた!」という成功体験が、子どもたちを英語好きにします。



これまで、私(大島)は、書店・小学校・中学校・老人ホームなどでリードアラウドを開催してきました。
2010年4月からは、もっと多くのみなさんに英語の楽しさを知ってもらうため、通年の英語教室「キッズブックス英語スクール 絵本リードアラウドコース」(土曜日、場所は二子玉川)を開講しました。
体験レッスンも用意していますので、ぜひ一度参加してみてください。

キッズブックス英語スクール 絵本リードアラウドコース体験レッスン





また、指導者のためのワークショップにも力を入れています。
リードアラウド方式で表現豊かに絵本を読む方法と、指導方法が学べるワークショップを開催中です(途中からも受講いただけます)。
現在開講中のワークショップ



読み聞かせがうまくいかず悩んでいる方、授業に絵本を取り入れてみたいとお考えの方におすすめです。
リードアラウドで子どもたちに絵本の魅力と英語の楽しさを伝えてみませんか。

過去の様子はこちらリードアラウド・ワークショップをご覧ください。
リードアラウド・ワークショップについて→リードアラウド研究会





[リードアラウドの定義]
英語絵本を、子ども(参加者)自身が声に出して豊かな表現で読むこと・指導法
(1)「英語絵本」……芸術性・難易度・対象年齢で選書
(2)「子ども自身」……読み聞かされるのではない
(3)「声に出して」……リスニング、語彙力、発音の習得
(4)「豊かな表現」……読解力とコミュニケーション能力を磨く。自然な反復練習
(5)「読む」……暗記ではなく、文字を読む力をつけるリテラシー教育

[リードアラウド3つの意味]
(1)I read aloud to kids (指導者が子どもに読む)
(2)We read aloud together (指導者と子どもが一緒に読む)
(3)Kids read aloud (子ども自身が読む)

[リードアラウドの目的]
(1)楽しい・面白いイメージを強く与え、英語学習の動機付けにする
(2)絵本の力を借り、バランスの取れた総体的な英語力を育成する
(3)Fluent Readersを育てる

[リードアラウドの4つの約束]
(1)約束1……読んでいる文字を指でなぞる
(2)約束2……読めないところは、ムニャムニャでOK
(3)約束3……「感じ」を出して読む
(4)約束4……家で誰かに読んであげる

[リードアラウドに適した本]
(1)1ページに1〜3行(1センテンス)程度の文章量
(2)絵から物語の展開が予測しやすい
(3)繰り返しが多い
 『声に出して読む英語絵本 初めてのリードアラウド』で紹介→リードアラウドに適した本


[ブックガイド]
 『キッズ(だけにじゃもったいない)ブックス』(ペイパーウェイト・ブックス)
 『声に出して読む英語絵本 初めてのリードアラウド』(中央公論新社)










  • NEWS LETTER
  • RSS / ATOM
  • MY ACCOUNT
  • モバイルショップ

    ショップについて

    Ruko

    Emailtel・faxでお気軽にお問い合わせください。
    掲載していない本でもお取り寄せいたします。
    Don't hesitate to call or write to us in English for inquiry.
    If you don't see books you are looking for in our web catalog, we may place a special order.
    Typically, it takes 7-14 days to get to us from the U.S.